2019年05月28日(火) 
ちなみにunixのXwindowだと
端末からサーバーのXwindowがtelnet上で実行出来る。
そのとき端末にもXwindowの環境が必要である。

東芝テックの子会社でWindows Serverにも同じようなサービスがあるらしいのを知った。
でも私にはお金がかかり過ぎて使う気にならない。
windowsもunixも同じネットワークサービスエリア内で使わないと乗っ取られて悪用される気もする。
www.yahoo.co.jpというサービスエリア内だとyahoo.co.jpのサービスネットワーク内みたいに
同じネットワーク内で使う。
そしてtelnet自体がそういう同じネットワーク内で使うべきらしい。
それに対してftpぐらいがネットワーク越しに使えるらしい。
なので暗号化してネットワーク越しに使ったら安全ではある。
それは私はやった事が無い。サーバーの設定も必要だし端末の方も設定が必要だからである。

そして端末とサーバーの違いとは何なのか述べる。
基本的にサーバーはつけっぱなしである。
あんまり再起動とかしない。
そのため安定したシステムが要求される。
不安定だとサーバーにならない。
端末はサーバーがあって利用出来るものがある。
ホームページとかメールとかftpサーバーとか他にもたくさんのサービスがある。
それをリアルタイムにサービスしているのがサーバーである。

そんな感じが私の大学にいた頃のプログラムの全体像かなと思う。
他にはFortranとかコアファイルの削除とか
漢字コードと改行コードの変換とか
htmlの勉強とか
そんなこんなでプログラムに関して二年間が過ぎた。

明日はどうしようかまた考えたい。
何事もボチボチやりたい。

閲覧数115 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2019/05/28 17:40
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
wakkiiさん
[一言]
東大場から発信
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み