2019年09月10日(火) 
<<追記20190910
何か色々話題を探しても難しかった。
昨日は自分の書いたプログラムの説明を少し読んだ。
そんな話をするのが筋かもしれない。それでも五月からあんまり進展していない。
ディープラーニングとGo言語ぐらいである。
あとは途中経過の数値計算と最適化数学ぐらいである。
数学の話が大事だと思うけど私は数学者じゃあ無いから厳密性に欠ける。
大体の事は言えても細部まではなかなか難しい。
それでも中年で残りは半分あるか無いかの時間しか無い。
私の半生はなかなか良くやっていると思う。ほめて良いと思う。
残りの半生で人生を取り戻せる気はしない。
なのに未だにもめている。あきらめが肝心である。無駄に無駄である。
ただあるのはラクに生きたいだけである。
余計な仕事が多過ぎる。健康は難しいなというのが実感である。
おおむね他人の迷惑で生きている気がする。もっと関係の無い生活がしたい。
もっと自分本位で良い気がする。それが仕事の罪悪である。

あんまり他人の批判はしたくないのだけど迷惑はたまらん。
そんな権利が他人にあるなんて正義じゃあ無い。
子供の頃の正義と大人の正義は違う。
もっと多面的であり複雑的でありそのため正義なんてあるのか無いのかわからない。
それなのに子供の正義がそのまま大人になるなんて成長力が無さ過ぎる。
子供の時はそれで良かったかもしれないけど今は違う。
もう正義で語れる歳じゃあ無い。それが私の本音である。
ただあるのは経験しかない。
それなのに他人は批判するのは他人の正義なんだろうなあと思う。
そんな事をしても迷惑なだけである。もっと自分なら何が出来るのかの方が大事である。
そんな事も無く批判しても物事は解決しない。
自分の出来る事考えた方がマシである。

何かここまで来て必要なのは数学だよなあと思う。
今年三月の福岡旅行も影響している。
数式書くのが難儀なのと他人に説明する手間が難儀である。
でもそこが多数の難儀な所だと思う。大学の数学も難解であり高校の数学とは違う。
そんなこんなで難しい壁である。教養と言えば教養でもある。
何となく正義が数学に置きかわっている気はする。
それが大人の難儀な所である。どんどん数学が変化するように人間も変化していく。
それが大人の正義による数学である。

明日もよろしく。
<<追記20190910end

<<追伸20190910の小言
昨日は何とか日課をこなした。今日もゆっくりペースだけど昨日と同じである。
何とか今日も日課をこなせるように努力したい。
明日も仕事である。ボチボチやりたい。
<<追伸20190910の小言end

閲覧数41 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2019/09/10 17:30
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
wakkiiさん
[一言]
東大場から発信
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み